血糖値を下げるために必要なこととは

###Site Name###

私たちが食事から摂取した炭水化物や糖質は、体内ではブドウ糖に変換されます。

ブドウ糖は、脳や体を働かせるためには必要不可欠なエネルギーで、必要な時に使用できるよう、普段は体内に蓄えられています。

この調節をしているのがインスリンと呼ばれる、膵臓から分泌されるホルモンです。

そのため膵臓に支障が発生したり、インスリンの量が減少したり、その作用が薄くなったりすると、体内で使用されるエネルギーの量の調節がうまくいかなくなります。

すると必要でない時にも血中に糖分が溢れてしまっているような状態となり、これが血糖値が高い状態に該当します。
この状態が長く続くようになると、生活習慣病のひとつである糖尿病であると診断されます。

今までに培ったノウハウを活かし、血糖値を下げるとの上手な付き合い方をお知らせします。

インスリンの分泌量や作用には、勿論、疾患的な要因が絡んでいることもあります。


しかしそれ以上に大きいのは、その人の食事内容を含んだ生活習慣だと言われています。

ですから日々の生活の中で、自分の血糖値を意識して、それが高い場合には下げるような工夫をとることも必要です。

iemoの特徴につてをいくつか紹介しています。

血糖値を下げるためには、まずは食事に含まれている糖質、炭水化物の量に気を配ることです。ちなみに炭水化物や糖質とカロリーの間には、関係がないことも多いです。


たとえばご飯とお肉では、確かにカロリーが高いのはお肉の方です。

しかし炭水化物、糖質と言う面で見れば、お肉の方がそれらを含んでいる量はずっと低いです。


またそれらの食事をいきなり摂取するのではなく、野菜や海藻類などを食事を先に摂取するようにすれば、急激に血糖値が上昇するのを防ぐことができます。特に食物繊維を多く含んだ食材は、それが後から摂取する糖質を包み込み、体外へと排出する作用もあるのでおすすめです。

それから運動も、血糖値を下げるためには必要なことです。



食後1時間くらいに、ハードな運動ではなくウォーキングなどの有酸素運動を行う習慣を持つようにすると、効果を期待できます。